おすすめの登録販売者講座5選を徹底比較

登録販売者試験の勉強時間は?1〜3ヶ月の対策と独学・通信講座を徹底比較【2022年対策】

登録販売者試験の勉強時間は?1〜3ヶ月の対策と独学・通信講座を徹底比較【2022年対策】
  • URLをコピーしました!
登録販売者試験対策
勉強時間って?
  • 平均的な勉強時間400時間程度
  • 試験難易度40%前後(都道府県で異なる)
  • 独学・通信講座の2種類で対策可能

登録販売者を目指したいけど、具体的な勉強時間や勉強方法がイマイチ分からない…。知識がないけど、私でも合格を目指せるのかな?

登録販売者を目指したいけど、どのくらい勉強すれば合格を目指せるのか不安…。特に就職や転職を目指して、絶対に一発合格をしたい場合はモヤモヤが止まらないですよね。

そこで本記事では、登録販売者試験で合格するための勉強時間を徹底解説しています。あなたのペースで効率よく合格を目指しましょう!

▼ 費用の安い通信講座をランキング!

  1. スタディング:21,780円
  2. 三幸医療カレッジ:35,200円〜
  3. たのまな:37,700円〜
  4. キャリカレ:48,500円
  5. ユーキャン:49,000円

※全て税込価格です。

おすすめの登録販売者講座はこちらで比較

目次

登録販売者試験の平均的な勉強時間

登録販売者試験で合格を目指す平均的な勉強時間は、400時間程度です。

400時間は無謀なイメージがありますが、平均1日5時間の勉強を繰り返せば3ヶ月以内に合格を目指せます。早めに勉強をして損はありませんが、短期間で合格を目指す勉強パターンを紹介していきます。

勉強時間が1ヶ月間のパターン

勉強時間が1ヶ月間のパターン

勉強時間が1ヶ月間のパターン

  • 平日12時間・休日17時間の勉強
  • 毎日ほとんどの時間を試験勉強に費やす
  • ゼロスタートではおすすめできない

1ヶ月以内の勉強時間で登録販売者を目指す場合は、ゼロスタートでは現実的ではありません。例えば、登録販売者試験の対策が2回目以降・薬剤師や調剤薬局事務の経験がある方向けの勉強時間です。

知識が全くない状態で1ヶ月間の合格は難しいです。登録販売者試験の勉強だけに費やせるなら話は変わりますが…。

1ヶ月の勉強時間がおすすめの人

  • 登録販売者試験が2回目以降
  • 薬剤師や調剤薬局事務の経験がある
  • 試験勉強だけに集中できる環境

勉強時間が2ヶ月間のパターン

勉強時間が2ヶ月間のパターン

勉強時間が2ヶ月間のパターン

  • 平日5時間・休日11時間の勉強
  • 現実的な勉強時間だが集中力が必要
  • ゼロスタートでもおすすめできる

2ヶ月以内の勉強時間で登録販売者を目指す場合は、毎日継続的な勉強ができればゼロスタートでもおすすめできます。とはいえ、仕事や家事をしながらだと平日の勉強時間が懸念になります。

2ヶ月間で目指す場合は、ゼロからでも一発合格を目指せます。仕事や家事と両立できる環境を目指しましょう!

2ヶ月の勉強時間がおすすめの人

  • 登録販売者試験が2回目以降
  • 仕事や家事と両立できる環境
  • 毎日コツコツ勉強を継続できる

勉強時間が3ヶ月間のパターン

勉強時間が3ヶ月間のパターン

勉強時間が3ヶ月間のパターン

  • 平日2.5時間・休日10時間の勉強
  • 無理のないペースで勉強ができる
  • ゼロスタートでも一発合格を目指せる

3ヶ月以内の勉強時間で登録販売者を目指す場合は、無理のないペースで取り組めます。ゼロスタートでも一発合格を目指せるので、最もおすすめな勉強時間です。

登録販売者は3ヶ月間の勉強で合格を目指すケースが多いです。無理なく、余裕を持って合格をしたい場合は3ヶ月程度の勉強をして対策しましょう!

3ヶ月の勉強時間がおすすめの人

  • はじめて登録販売者試験を受験する
  • 無理なくマイペースに合格を目指せる
  • 心の余裕が生まれて周回数も可能

登録販売者試験で受かる気がしない・頭に入らない理由

登録販売者試験は400時間程度の勉強時間があれば一発合格を目指せると評判ですが、勉強をしていても全く頭に入ってこないことがありますよね。具体的な理由は、難易度に関係性があります。

スクロールできます
試験科目難易度勉強内容
第1章医薬品に共通する特性と基本的な知識医薬品に関する基本的な知識
第2章人体の働きと医薬品人体の構造や医薬品の仕組み
第3章主な医薬品とその作用医薬品の成分や副作用
第4章薬事関係法規・制度薬事法などの法律
第5章医薬品の適正使用・安全対策医薬品の使用方法や対策

登録販売者試験の勉強方法・難易度を詳しく紹介していきます。効率よく一発合格を目指しましょう!

第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識の勉強時間・対策

第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識の勉強時間・対策
難易度
空欄埋め問題文の空欄に当てはまる言葉を選択肢から解答
選択4つの例文から正しい文章を1つ解答
選択4つの例文から誤っている文章を1つ解答
正誤4つの例文の正誤の並びを解答
組み合わせ4つの例文の中から正しい文章の組み合わせを選択
成分表成分表を見て問題に解答
勉強にかける時間医薬品に関する基礎知識を中心に勉強するため、初学者は時間を多く費やした方が良い。基礎固めになるので、第1章を理解できないと合格は難しい。

第1章は、登録販売者試験の基礎知識を理解する目的です。

医薬品名・基本的な知識を理解し、第2章以降の勉強に役立てる土台作りをします。試験本番では満点を目指せる問題が多いので、初学者の場合は勉強時間を費やした方が良いでしょう。

第2章 人体の働きと医薬品の勉強時間・対策

第2章 人体の働きと医薬品の勉強時間・対策
難易度
出題ポイント・人体の構造
・薬が働く仕組み
・医薬品を使用した事で起こる主な副作用
勉強にかける時間薬の仕組みや医薬品の副作用など、職場で説明ができるスキルが必要。難易度の高い問題が多いため、比較的勉強時間は多い方が良い。

第2章は、医薬品などを使用した後の働きや副作用の理解です。

試験での高得点はもちろん、登録販売者として現場勤務した後に役立つスキルを目指します。ドラッグストアなどの店頭販売で、質問や相談の受け答えする準備をしましょう。

第3章 主な医薬品とその作用の勉強時間・対策

第3章 主な医薬品とその作用の勉強時間・対策
難易度
出題ポイント・有効成分や副作用
勉強にかける時間成分や漢方薬・医薬品など、難しい専門用語を理解する必要がある。難易度が高く、第3章の対策でつまづく可能性があり最も勉強時間を費やす項目。

第3章は、登録販売者試験の中でもっとも苦戦する項目です。

医薬品名や成分など、聞きなれない専門用語が多く一番時間をかけて勉強をしましょう。第3章の出題数は、他の項目より2倍程度になるケースも多く合否を分けるポイントでもあります。

第3章の勉強をするには、第1章・2章の基礎が必要です。できる限り第3章の勉強時間を費やせるように、他の勉強をサクサク進めましょう!

第4章 薬事関係 法規・制度の勉強時間・対策

第4章 薬事関係 法規・制度の勉強時間・対策
難易度
出題ポイント・薬事関係の法律やルール
勉強にかける時間薬事・薬機法の法律やルールを理解する。法律の理解で苦戦する可能性があるが、内容はシンプルで覚えやすい。

第4章は、薬事関係の法律やルールの理解です。

薬事関係は登録販売者だけでなく、医療事務や調剤薬局事務・Webライターなどでも活用できるので勉強時間を費やして損はありません。法律関係の勉強になるので、混乱しないようにしましょう。

第5章 医薬品の適正使用・安全対策の勉強時間・対策

第5章 医薬品の適正使用・安全対策の勉強時間・対策
難易度
出題ポイント・医薬品の添付文書の読み方
・副作用情報
・医薬品副作用被害救済制度
勉強にかける時間第3章との関連性が強く、他の項目で対策をすれば補える。暗記や文章読解が求められるが、他の項目と比較して勉強時間は少なめでもOK。

第5章は、医薬品の適正使用や安全対策の理解です。

難易度の高い第3章との関係性が高く、暗記や文章読解力が求められます。勉強時間は他の項目よりも少なめでも対策しやすく、全体の復習が目的として取り組みましょう

登録販売者試験対策を独学と通信講座で徹底比較

登録販売者試験は、独学と通信講座の2種類で合格を目指せます。勉強時間だけでなく、受信料・勉強方法などが異なるため、あなたのライフスタイルに合った対策で一発合格を目指しましょう。

独学と通信講座の勉強方法を比較します。ストレスなく、合格を目指せる環境を選びましょう!

独学と通信講座の比較①:勉強方法・スタイル

独学と通信講座の比較①:勉強方法・スタイル
通信講座独学
勉強方法・テキスト教材
・映像講義
・模擬試験 など
・テキスト教材
・YouTube など
メリット実績をもとに効率よく、必要な知識を勉強できる好きな教材で合格を目指せる
デメリット教材に好みが分かれる自分に合った教材が分からない

独学と通信講座の勉強方法を比較すると、通信講座の方が充実した教材で合格を目指せます

一方で、通信講座によっては教材の好みが分かれるため、資料請求や口コミを確認してから受講しないと損をするリスクがあるため注意しましょう。

独学と通信講座の比較②:受講料・費用

独学と通信講座の比較②:受講料・費用

▼ 費用の安い勉強方法ランキング!

  1. 独学:2,000円〜
  2. スタディング:21,780円
  3. 三幸医療カレッジ:35,200円〜
  4. たのまな:37,700円〜
  5. キャリカレ:48,500円
  6. ユーキャン:49,000円

※全て税込価格です。

受講料で比較すると、独学の方が圧倒的に安く合格を目指せます

通信講座で登録販売者を目指す場合は、キャンペーンやクーポンを活用してお得な時期に申し込むと良いです。予算に合わせて、無理のない範囲で受講しましょう。

\コスパ良く合格を目指すならスタディング/

スタディング登録販売者講座の口コミはこちらから

独学と通信講座の比較③:サポート体制

独学と通信講座の比較③:サポート体制
通信講座独学
サポート体制・質問サポート
・添削サポート
・延長サポート
なし
メリット初学者でも効率よく合格を目指せるなし
デメリット通信講座によってサポートが変わる自己解決する必要がある

独学ではサポートがつかないので、一人の試験対策が不安に感じる場合は通信講座がおすすめです。

例えば、つまづきやすい第3章や高得点を外せない第1章の対策など、不安やモヤモヤを1つ1つ確認しやすいのは通信講座と覚えておきましょう。

通信講座ごとにサポート体制が異なります。充実したサポート体制のもと合格を目指したい場合はキャリカレがおすすめですよ!

\充実したサポート体制ならキャリカレ/

キャリカレ登録販売者講座の口コミはこちらから

【まとめ】登録販売者試験の平均的な勉強時間は400時間!3ヶ月間あれば一発合格を目指せる

結論をまとめると、登録販売者試験の平均的な勉強時間は400時間必要です。

▼ この記事をまとめると…

  • 平均的な勉強時間は400時間
  • 3ヶ月間あれば一発合格を目指せる
  • 独学と通信講座の2種類で対策OK
  • 初学者は通信講座の対策がおすすめ

必要な勉強時間は個人差があります。ポイントは、あなたに合った勉強方法で効率よく合格を目指すことですよ!

▼ 費用の安い通信講座をランキング!

  1. スタディング:21,780円
  2. 三幸医療カレッジ:35,200円〜
  3. たのまな:37,700円〜
  4. キャリカレ:48,500円
  5. ユーキャン:49,000円

※全て税込価格です。

おすすめの登録販売者講座はこちらで比較

※本記事内の料金は全て税込価格です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる